初心者

FXプロの定石のレビュー

更新日:

タイトル:FXプロの定石

著者名:川合 美智子

出版社:日本実業出版社

発売日:2013/2/28

レビュー

・FXの初心者向けにわかりやすく書かれています

この本は、ワカバヤシエフエックスアソシエイツ代表取締役の川合美智子氏が、2013年3月に出版した本です。この本は、FXの初心者向けに書かれています。

この本では、まず「FXとは投資ではなく、トレードである」ことを力説しています。おそらく株式投資を経験したことのある人向けに述べているのだと思います。

川合氏は、株式投資の場合は含み損を抱えても、長期で保有すれば挽回であるが、為替の場合は本質的価値というものが存在しないため、投資という考え方ではなく、トレードという割り切った考え方を持つべきと述べています。

次に、この本では「為替トレードの基本はトレンドに乗ること」だと述べています。株式投資の場合は現在の価値が妥当か否かで判断することができますが、為替に妥当な価値というものは存在しないと指摘しています。このため、為替というものは相対的なものであると結論づけています。例えば、ドル円の通貨ペア、ユーロドルの通貨ペアといった形です。

そして、為替のトレードで利益を得るためには、まず「トレンドが発生したか否か」を判断する能力を身につけることが重要と述べています。トレンドに乗ることが重要と指摘しています。

また、この本では「ポジションを塩漬けにしてはならない」と述べています。株式投資の場合は含み損を抱えると、買いポジションを塩漬けにして長期間保有してしまう個人投資家がいますが、為替の場合は長期間にわたってひとつの方向へ向かって動いてしまうこともあります。ドル円の値動きが象徴的です。

1970年代には1ドル360円であった為替レートが、一貫して円高トレンドに推移したことは個人投資家の記憶にも強く残っている点であり、この本は、含み損を抱えた場合には損切りをすることを勧めています。

なお、この本では「流動性の低い通貨では、信用できるトレンドは発生しにくい」と述べています。具体的には、トルコリラ円の通貨ペアや、南アフリカランド円といった通貨ペアです。金利は高いため得られるスワップポイントは魅力的なのですが、取引金額が少ないためトレンドが発生しにくいと読者に対して注意喚起をしています。

 

-初心者

Copyright© FX本のレビュー@初心者におすすめのFX本はこれだ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

;